• 外面の美しさと共に楽に息ができる鼻が完璧なな鼻だと言えます。
  • 鼻の整形は鼻の内部の構造をよく理解していて、美的な感覚を持ている鼻の専門家に任せるべきです。

鼻詰まりの原因

  • 狭くなった鼻弁
  • 曲がっている鼻中隔
  • 下鼻甲介肥大(慢性肥厚性鼻炎)
鼻つまり
鼻中隔湾曲症
鼻炎
鼻弁

1. 狭くなった鼻弁

  • 鼻弁の位置
  • 正常の鼻弁
  • 狭くなった鼻弁

2. 曲がっている鼻中隔

3. 下鼻甲介肥大(慢性肥厚性鼻炎)

鼻弁とは?

鼻弁は鼻中隔と鼻の中に入ってくる空気を調節するところで鼻の中にある狭い空間です。

鼻弁矯正術
耳鼻咽喉科で鼻つまりの治療を受けた後にも鼻つまりが治らない患者が多いです。
鼻弁がつまると普通の鼻つまり治療だけでは効果がありませんので、鼻の整形をする時に鼻つまりの治療も同時にしてより効果的な治療方法を提示します。

鼻弁手術方法

  • 内側鼻弁手術
    鼻弁の上の部分が狭くなった場合、軟骨の移植を通して狭くなった鼻弁を広くする手術です。
  • 外側鼻弁手術
    鼻弁の外側の鼻翼軟骨が弱い場合軟骨を補充する手術です。

鼻弁手術は鼻中隔矯正手術と同時に行われ、鼻炎手術と同時にする場合よりいい効果が期待されます。

鼻中隔湾曲症

  • 鼻中隔は鼻の真ん中にある柱という意味で、鼻中の柱の役割をし、呼吸を左右に分けます。
  • 鼻中隔が曲がっている場合狭くなった側の鼻つまりの原因になり、鼻炎症状をよりひどくします。
  • 鼻中隔湾曲症手術は曲がっている鼻の柱を矯正し、鼻つまりの改善と鼻の形も矯正する効果があります。
  • 手術前
  • 手術後

鼻炎の手術

鼻炎の原因はいろいろありますが、最近は環境の影響でアレルギー性鼻炎が増加しています。大部分、環境の影響が大きく影響していますが、鼻炎が持続する場合、鼻の中の粘膜が分厚くなり下鼻甲介が大きくなる肥厚性鼻炎にかかります。

鼻炎の手術方法

  • 主には肥大になった下鼻甲介の大きさを小さくして、呼吸をしやすくします。
  • 高周波レーザー術、下鼻甲介切開術が使われます。

鼻つまり治療のための手術は鼻の整形と同時に矯正できます。
鼻の美容的な改善と内部の機能的な改善が同時にできる手術は、鼻の専門家のジャン・クンウク院長に任せてください。