口唇裂は一番ケースの多い先天的鼻変形です。一側性口唇裂が両側性口唇裂よりケースが多く、2倍以上高い頻度で現れています。

口唇裂鼻の原因

  • 色んな方が口唇裂は遺伝的な要因が作用すると思われていますが、遺伝的な要素は約20-30%の間で、環境的んば要因がより作用します。
  • 父母の中で一人が口唇裂だと、子供に遺伝される確立は約4%です。
  • 環境的な要因では妊娠した時、禁止された薬の服用や、ビタミンの過多、飲酒、喫煙、ウィルス感染などが原因として挙げられています。

 

口唇裂鼻の構造的な問題

  • 口唇裂は鼻柱、鼻先、小鼻、鼻中隔の変形がある場合が多いです。
  • 口唇裂の小鼻は平たくて、下を向いています。
  • これのように口唇裂は3次元的な変形がありますので、成功的な手術のためには深い理解と経験が必要です。
  • 鼻筋と鼻中隔

口唇裂の治療時期

  • 普通には生まれて3ヶ月ー1年の間に唇と口蓋の縫合治療をします。
  • その以後口唇裂の矯正のための2次回手術時期は鼻の成長が終わる約16-17歳以後に鼻骨を含め矯正をする方がいいです。
  • しかい、鼻の変形程度がひどい場合には、6歳ー10歳の間に骨は矯正せず、鼻先や小鼻など簡単な軟部組織の強制が行われる可能性もあります。

口唇裂の手術方法

  • 1 鼻の軟骨と鼻中隔、鼻骨を分離
  • 2 鼻中隔の非対称を矯正し、。曲がっている鼻の骨を矯正
  • 3 胸の軟骨や自家軟骨を使用して、鼻の軟骨非対称や骨を矯正
  • 4 皮膚組織を新しく配置して、軟部組織の非対称を矯正
  • 5 唇と人中の傷あと修正や唇のライン改善治療
  • 鼻柱の矯正
  • 鼻穴の下の部分矯正
  • 鼻穴の上の部分矯正

はなび口唇裂手術の特徴

  • 手術前3D-CT分析を通して軟骨と鼻の骨の変形を正確に分析・手術計画
  • ジャン・クンウク院長は豊富な口唇裂鼻手術経験を基に一番自然な鼻になれるように最先を尽くします。
  • 高圧酸素治療で手術後の傷跡の回復を促進させ、傷口の最小化のためのケアを体系的にしています。
  • カウンセリングから手術の執刀まで全部院長が直接します。

はなび鼻整形外科だけの特別さ

  • 手術結果
    15年の鼻手術経験と手術ノウハウ
    代表院長の手術執刀
    3DCTを使った分析
    はなびだけのノウハウ
  • 安全な手術
    術前徹底な検査や麻酔システム
    無停電システム
    高圧蒸気滅菌消毒
    使い捨ての手術服、手術用品
  • 術後ケア
    術前徹底な検査や麻酔システム
    無停電システム
    高圧蒸気滅菌消毒
    使い捨ての手術服、手術用品