• 鼻筋と鼻先が低くて平たく見えると立体感のない顔に見えます。
  • 東洋人の鼻は骨が小さく、軟骨が薄くて柔らかい特徴があります。なので、鼻を高くする時に鼻筋と鼻先を同時に高く作るケースが多いです。
  • ただ、鼻を高くするだけでなく、オデコから唇、顎までのラインや全体的な顔の形を考慮した上に鼻の形を作るのが大事です。
  • 鼻筋を高くする場合は、人工物や真皮、自家軟骨を使い、鼻先はいつも自家組織だけを(軟骨)使います。
手術時間 麻酔方法 入院期間 抜糸 回復の期間
1~2時間 睡眠麻酔 不要 5日目・2週間後 2週
手術時間 1~2時間
麻酔方法 睡眠麻酔
入院期間 不要
抜糸 5日目・2週間後
回復の期間 2週

個人差があります。

手術対象

  • 鼻筋と鼻先が低い場合
  • 顔に立体感がない方
  • 鼻先が丸い方
  • 鼻筋が低くて眉間が広く見える方

はなびの低い鼻手術特徴

  • 鼻先は自家軟骨だけを使い、人工物の使用を最小化しています。炎症が起こる確率も低くなります。
  • 鼻の機能を考慮した上の鼻整形鼻整形の際、鼻の機能的な改善のため
  • 鼻先と鼻筋の手術時期を分けて、顔のバランスに合わせたナチュラルな鼻のラインを作ります。
  • 3D-CT分析を通して正確な手術方法を探します。+鼻専門15年の経験やコツ“美しい鼻”+“機能的な鼻”を“一つ”に作ります。

手術方法

  1. 1鼻の軟骨と骨の露出
    鼻柱切開または内側切開を通して鼻の軟骨と骨が露出されます。
  2. 2人工物挿入
    鼻骨の骨膜の下にプロテーゼやゴアテックスなどの人工物や自家組織を挿入して鼻筋を高く作ります。
  3. 3自家軟骨を使って鼻先を高く
    鼻中隔軟骨や耳の軟骨を使って柔らかい鼻軟骨と一緒に鼻先を高くします。

手術前後の写真

はなび鼻整形外科だけの特別さ

  • 手術結果
    15年の鼻手術経験と手術ノウハウ
    代表院長の手術執刀
    3DCTを使った分析
    はなびだけのノウハウ
  • 安全な手術
    術前徹底な検査や麻酔システム
    無停電システム
    高圧蒸気滅菌消毒
    使い捨ての手術服、手術用品
  • 術後ケア
    術前徹底な検査や麻酔システム
    無停電システム
    高圧蒸気滅菌消毒
    使い捨ての手術服、手術用品