フィラーは手術せずに簡単な施だけでも効果があり、副作用の頻度も低い施術方法ですが、一回副作用が発生すると深刻な問題になります。

フィラーの副作用

  • 急性副作用(軽度、)
    1. 皮膚色の変化
    2. あざ、痛み、浮腫み、非対称
  • 急性副作用(重症、)
    1. 皮膚の怪死
    2. 失明
  • 慢性副作用
    1. フィラーの移動
    2. 鼻の変形(幅の変形、凸凹)
    3. 感染
  • 皮膚色の変化
  • 鼻筋の幅の変化

皮膚怪死の治療

ヒアルロン酸注射注入後発生する一番深刻な副作用は皮膚の怪死です。これは鼻の血管に周りの圧力で血がつまったり、血管の中まで注射が入る時発生します。

皮膚の怪死は早い治療が大事です。

  • ヒアルロン酸注射注入後皮膚怪死初期
  • ヒアルロン酸注射注入後怪死した皮膚
  • 血管のCT

はなびのヒアルロン酸注射注入後の皮膚怪死治療システム

  • 1 高圧酸素治療を通して皮膚の回復促進
  • 2 ステムセル治療を通して皮膚の再生促進
  • 3 血管拡張薬、微細血管再生促進薬、抗生剤などの薬物治療
  • 4 皮膚の損傷を最小化して再生に効果のある皮膚ドレッシング
  • 5 鼻の変形がまだあるケースには手術的な矯正(再建術)

慢性フィラー副作用の治療

  • フィラーを注入してから副作用ができた場合、完全な除去が一番大事です。ヒアルロン酸注射の場合、解く注射を打ったら大丈夫ですが、永久フィラーや正品でないフィラーを打った場合には手術を通して除去しなければなりません。
  • 除去した後、皮膚が薄くなり、凸凹ができるのを防止するために自家真皮を使って矯正します。
  • または人工真皮を使う場合もあります。
  • 皮膚色変化
  • 鼻筋の幅変形
  • 皮膚の繊維化
  • 炎症

手術方法

  • 手術を通して95%以上を除去
  • 真皮を使って鼻筋の高さや形を作る
  • 自家軟骨を使って、鼻先の形まできれいに
  • ヒアルロン酸注射の成分除去
  • 真皮を使って再建
  • ヒアルロン酸注射除去前
  • ヒアルロン酸注射除去後

はなびフィラー副作用クリニックの特徴

  • 副作用を最小化するために色んな治療方法を使う
  • 最先端の高圧酸素治療機械を使って壊死部分治療
  • 皮膚の再生を促進する幹細胞治療
  • 副作用の時期や程度によって色んな薬物治療緒
  • はなびジャン・クンウク院長は多数のフィラー副作用治療の経験で、ナチュラルな前の鼻の形にもどれるように最先を尽くします。

はなび鼻整形外科だけの特別さ

  • 手術結果
    15年の鼻手術経験と手術ノウハウ
    代表院長の手術執刀
    3DCTを使った分析
    はなびだけのノウハウ
  • 安全な手術
    術前徹底な検査や麻酔システム
    無停電システム
    高圧蒸気滅菌消毒
    使い捨ての手術服、手術用品
  • 術後ケア
    術前徹底な検査や麻酔システム
    無停電システム
    高圧蒸気滅菌消毒
    使い捨ての手術服、手術用品