• 通常ワシ鼻と呼ばれる段鼻は鼻筋が凸状しているケースで鼻の骨と軟骨が成長しすぎたのが原因になります。
  • ワシ鼻は鼻筋が凸状しただけでなく、鼻先が下に向かっているケースが多くて骨と軟骨を削ってから鼻先を高く作るのが大事です。
  • ワシ鼻を矯正すると、顔全体の印象もやわらかい印象に変わるので手術の満足度が高い手術の一つです。
手術時間 麻酔方法 入院期間 抜糸 回復の期間
1~2時間 睡眠麻酔 当日退院 5日目・2週間後 2週
手術時間 1~2時間
麻酔方法 睡眠麻酔
入院期間 当日退院
抜糸 5日目・2週間後
回復の期間 2週

個人差があります。

手術対象

  • 鼻筋が鼻先に比べて高い方
  • 外傷で鼻筋に変形がある方
  • ワシ鼻と共に鼻の骨が広い方
  • ワシ鼻の共に鼻先が下に向いている方

はなびの低い鼻手術特徴

  • 人工物を使わず手術が可能です。
  • 下向きの鼻先を同時に矯正し、眉間から鼻先までのストレートでナチュラルなラインを作ります。
  • 広くて曲がっている鼻骨も同時に修正できます。
  • 3DCTを使った鼻骨と軟骨の分析、正確な接骨計画 はなびは術前3DCT機械を使い、手術前の鼻の状態を正確に把握します。 細かく把握した後、骨折時に起こった左右の誤差を最大限縮め、美しくバランスのとれた鼻に仕上げます。

手術方法

  1. 13D-CT
    3D-CTを使って手術前の鼻の状態を把握
  2. 2鷲鼻除去
    段差がある鼻の骨と軟骨を取り除きます。
  3. 3接骨
    ワシ鼻を除去後、鼻筋が低く、平らに見える場合があるため、軟骨を押さえつけることによって鼻の骨を集めて鼻を高く見せてくれます。
  4. 3人工物挿入
    鼻先が下を向いているケースには自家軟骨を使って鼻先を高く作ります。

手術前後写真

はなび鼻整形外科だけの特別さ

  • 手術結果
    15年の鼻手術経験と手術ノウハウ
    代表院長の手術執刀
    3DCTを使った分析
    はなびだけのノウハウ
  • 安全な手術
    術前徹底な検査や麻酔システム
    無停電システム
    高圧蒸気滅菌消毒
    使い捨ての手術服、手術用品
  • 術後ケア
    術前徹底な検査や麻酔システム
    無停電システム
    高圧蒸気滅菌消毒
    使い捨ての手術服、手術用品